【プチ旅行】岩下の新生姜ミュージアムに行ったときの話

というわけでこんにちは、北川です。

先月、新生姜ミュージアムにお邪魔してきました。

もっと入りづらい建物していると思い込んでいたので最初迷子になりましたが、無事たどり着きまして。中はもう本当可愛いんですよ…。

いや、大量の桃色のアルパカ(なごみちゃん?)で作られたゲートとか壁一面歴代パッケージデザインが並んでいる部屋とかちょっとした狂気を感じる空間もありますが、新生姜の歴史、製造過程が学べたり、「被れる新生姜」とか上手に振ると「いっわしたの、しんしょーがっ」の音が奏でられるハンドベルがあったりとなかなか楽しめます。

あとね、ベッドで新生姜が読書している「新生姜の部屋」とかもあります。

何を言っているかわからないと思うのでこれはもう見てくれ……。

こういったコンテンツの他、私が訪れた時はハロウィン期間だったためか店員さんに合言葉を伝えると何かが貰えたり、また「ピンクの館の謎解きパーティ―」というものが行われていて、割と長時間楽しむところが出来る場所ではないかなと思います。

通常難易度と高難易度があったんですが高難易度の方、予定滞在時間中にクリアできませんでした……。

(ピンクの館の謎解きパーティーは2019年10月31日まで開催されているようです)

ミュージアムの中には新生姜を仕様したメニューがあり、「岩下の新生姜」「オリーチェ」食べ放題もあるカフェ「カフェニュージンジャー」が入ってますので、お腹が空く時間をまたぎそうだな、という場合も安心して長居することが出来ます。

スポンサーリンク

岩下の新生姜ミュージアムについて

場所 〒328-0034 栃木県栃木市本町1-25

駐車場 有

開館時間 ミュージアム 10:00~18:00

カフェ    11:00~18:00(L.O 17:30)

休館日 祝日を除いた火曜日、年末年始

(事前に公式サイトの営業カレンダーでの確認をおすすめします)

入館料 無料

駐車場は第1~第4駐車場まであり、合計82台分程のスペースがあります。

どれもミュージアムから遠くはありません。

混雑具合

休日の午前10:30くらいに伺いましたが、それなりの人が訪れていました。

私が行った時は謎解きをしている方がどんどん館内に増えていって混雑していった印象なので、謎解きも行うぞ~!という方は早めの来訪をお勧めします。

公式リンク

岩下の新生姜ミュージアム公式サイト (https://shinshoga-museum.com/)

岩下食品公式サイト(https://iwashita.co.jp/)