【LINEスタンプ】LINEスタンプのつくり方 -申請前編-

こんにちは、北川です。

モチーフ作成、画像制作、保存ときましていよいよ申請です。

スポンサーリンク

1.スタンプの新規登録を行う

LINE Creators Marketにログインします。

メニューの「新規登録」をクリック

今回はスタンプの登録を行うので「スタンプ」をクリックして進んでいきます。

2.スタンプの情報を入力していく

まずはスタンプの情報を入力していきます。

①スタンプのタイプを選択

②英語でスタンプの説明を入力

③日本語でスタンプの説明を入力

をしていきます。

初期の状態だと日本語(japanese)の部分は表示されていませんが「言語を追加」のプルダウンメニューからjapaneseを選択したあと「追加」をクリックすることで出現します。

注意点として英語で「~のスタンプです」という場合などは「Sticker」と表記する必要があり、また「LINE」などの文字列を含むことは禁止されています。画像と同様宣伝もNGです。

英語版の方は☆などの記号や全角も禁止のようなので慎重に入力していきましょう。

英語がわからーん!という方も、よっぽどの状態じゃない限りはgoogle翻訳などの翻訳ソフトの英語で大丈夫です。

3.販売情報の入力をしていく

スタンプ情報が終わったら今度は販売情報の入力をします。

①クリエイター名

②コピーライト

③テイスト・キャラクターカテゴリ

④プライベート設定

⑤LINEスタンププレミアム

⑥販売エリア

⑦特集企画

⑧LINE Creators Collaboration

①クリエイター名

特にいうこともなく、作成者名を入力します。

②コピーライト

「©●●●●」とか「(c)●●●●」などですね。

© お名前(ローマ字)

(c)お名前

copyright©お名前

Copyright (C) 2019 お名前 All Rights Reserved.

などの形があります。

ちなみに私は3番目の形で「copyright©Rin Kitakawa.」で利用しています。

③テイスト・キャラクターカテゴリ

唯一入力項目で必須ではありませんが、選択しておくことでLINEスタンプショップのカテゴリーで表示されるようになります。

人の目に触れる機会が多くなりますので必ず設定しておきましょう。

④プライベート設定

新着一覧やランキングに表示させるかさせないかの設定です。

とてつもなくシャイなどでない場合は公開で問題がないかと思います。

⑤LINEスタンププレミアム

スタンプ使い放題的なやつに参加するかしないかの設定です。

販売開始から180日経過していないとどのみち参加できません。

今まで販売していたのは気づいたらプレミアム設定になっていたことと、この設定自体は後からスタンプ販売後に審査なしで変更可能なのでとりあえず今回は参加しないにしておきます。

(参加するにしておくと180日後に自動で設定になるのだろうか…)

⑥販売エリア

基本的には販売可能なすべてのエリアで問題ないです。

文字通り販売可能なすべてのエリアで販売されることになります。

…が

場合によっては地域を絞った方がいい場合があります。

例えば販売中の私の「ぼんぼんばくくん。」

文化の違いで販売できない国がありますと言われて一度リジェクト貰って地域を絞っています。

▼リジェクトメール

他はすべてのエリアで通ってはいるのでこれは申請してみないとちょっと躓き具合がわからない部分ではあります。

⑦特集企画

たまにスタンプショップとかで「母の日特集」とか見かけると思うんですが、あれに参加するかしないかです。今回は参加しませんが特集スタンプで作ってみるのも面白いと思います。

⑧LINE CreatorsCollaboration

人気キャラクターとのコラボスタンプかどうか、みたいな項目です。

もちろん作ってるスタンプ、誰ともコラボしていないので「 LINE Creators Collaborationのスタンプではありません」を選択します。

ライセンス証明

写真加工系スタンプでもないので「スタンプに写真を使用していません」を選択。

必須項目自体はここのみですが、「作品が確認できるURL」があると「自分の著作物である証明」などが早くなる……と言われていたりで審査が早くなる……っぽいです。

ヘルプでの説明文は「作品を確認できるURLがある場合は必ず入力してください。新作またはオリジナルの作品の場合は審査に時間がかかる場合があります」となっています。

これだとすでにある創作物語のキャラクターがスタンプになったよ!という場合の作品URLかな…という気もしますが…

たしかにそう考えると著作権的にも確認できたほうが早いですね。

ちなみに毎回別に物語があるわけではなく、スタンプから作っていますがその際に添えていたのは「製作過程が載っているブログアドレス」や「ひたすらスタンプの画像のみがのっているURLページ」などで提出していました。(どちらも問題なく通りました)

ブログでもなんでもいいので軽く製作過程がわかるものを作っておくのもいいでしょう。

記入が終わったら保存を押して次のぺージへいきます。

まとめ

少し長くなってしまったのでここまでで前編とします。

必須項目に記入漏れがないように気を抜かずに、可能であれば作品が確認できるURLを用意しておきましょう。