【LINEスタンプ】LINEスタンプのつくり方 -アイデア出し編-

こんにちは、北川です!

久々にLINEスタンプ、作成しております。

現在合計3種類販売させていただいておりますが、

せっかくなので今回は私の場合ですが、製作過程などをメモしておこうと思います。

スポンサーリンク

1.作りたいスタンプのモチーフを決める

▲何も浮かんでいないときの落書き

スタンプといえば可愛い動物だったり、食べ物だったり…色々なモチーフで作成されている方がいらっしゃいますね。

自分の好きなもの、なんだっていいとおもいます。

今回は私の好きな「うさぎ」と、パートナーの好きな「コーギー」を合わせた「コギット」くんを創ろうと思います。

2.被りがないかを確認する

とは書きますが…極端な話、動物でスタンプを作るのは基本かぶります。

じゃあ何を確認しているのかというと、例えば「柴犬のシバコさん」のような、名前かぶりとかしてないか、とか、イメージしているのと同じ構図などが存在していないかとか。

とはいうものの犬のポージングもうさぎのポージングも結局は被るので…笑

あくまで自己満足の確認になります。

3.40個種類をとりあえず文字で考える

スタンプ自体は8個から作成することが可能です…が、とりあえず40種類、文字で考えておきます。

どういうことかというとこんな感じ。

文字汚いな…

実際に40種類作るかはさておき、これがあるとないのとでは私は大分モチベーションの差が生まれます。

イメージがずっと沸き続ける方などは不要のステップです。

4.どうしてもモチーフがきまらない場合

「ペットをモチーフにしたスタンプが作ってみたい!」という方は問題ないですが、「スタンプは作ってみたいけどモチーフが浮かばない」という方も中にはいるかもしれません。

そんな時は今視界に入ったものと、自分の干支 といった感じで何かを組み合わせてみるのもいいかもしれません。

例えば「パソコン」と「ひつじ」などで「パソコンが得意なインテリひつじさん」など。

少し手間はかかりますが好きなものをいっぱい書いたあみだくじなどを作っても面白そうですね。

まとめ

まずは第一回ということでLINEスタンプのアイデア出しについてのメモ記事でした。

モチーフを決めて単語と組み合わせればなんとなくは浮かんでくるかと思います。

どうしても浮かばない場合は視界に入るものやくじ引きなどでの組み合わせをお試しください。予想外の面白いものが出来上がるかもしれません 笑