【MediBang】メディバンペイントで原稿を出力する

スポンサードリンク

 

入稿記念にせっかくなのでシリーズです。

私はメディバンペイントで原稿を作成しています。

クラウドで原稿管理できるのがとても便利…

ちなみにクラウドでの原稿管理をする際は

ファイルから新規クラウドプロジェクトを選択。

はき

原稿の用紙についての設定。

テンプレートは基本メディバンファクトリーに対応しているので

よくわからない方はテンプレートを使用しましょう。

初期作成するページ数は16Pが最大ですが、あとで追加することが可能です。

OKを押すとこんな感じの画面。

「2ページ」を開いてみると

白紙のページが出てきます。

今回の趣旨とは違うので細かいことは省きますがセリフなどは内側の青いガイド線より中に配置してくださいね。

ここいらでページ数を増やしておきたいという方は画像の赤く囲ったところから追加することができます。

んで

これが埋まってくるとこういう感じになります。

これをメディバンファクトリーの入稿用に書き出していきます。

一括書き出しをクリックするとこんなものがでます。

メディバンファクトリーの場合はmdpかpngを選択。

その他の印刷所の場合はその印刷所の指示に従った拡張子を選択してください。

するとこんな感じのに続く。

私は背景透過はしていません。

また、一括出力で表紙も含んでるのでカラーで設定しています

テキストレイヤー除外も、セリフが除外されるので外して…とここまではいいのですが

出力範囲、「塗り足しまで」を選択しないとメディバンファクトリーで入稿時にサイズが合わなくなるのでお気をつけください。

 

トーンも縮小前に定着させます。

次へをクリック。

ファイルを書き出す場所を指定します。

もしくは勝手にフォルダを作ってくれ~という指示と

出来たらフォルダを開いて教えて~という指示ができます。

 

 

最終確認をして、大丈夫でしたら「完了」をクリックします

するとクラウド接続し、書き出しが始まります。

基本的には時間がかかる作業ですのでおとなしく待ちましょう。

おとなしくしていられないと私のように「応答なし」が出ます。

(これは待機していればなんとかなりますが…)

 

これで書き出しが終了すればメディバンファクトリーで入稿することが可能になります

入稿の仕方についてはこちらをお読みください

 

 

スポンサードリンク

北川凛

3件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする